格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMは、大手携帯電話通信事業者(ドコモ・au・ソフトバンク)などと比べ、比較的割安の月額料金で使用できるというメリットがあります。

例えば、スマホでインターネットしかしないという方であれば、格安SIMのデータSIMのサービスプランを選べば、スマホの月額利用料金をおさえられます。

このように、ご自分の利用状況にあわせて、格安SIMのサービスプランを組めば、スマホの月額利用料をおさえられるというメリットがあります。

音声通話SIMのサービスプランを選んでも、大手携帯電話通信事業者(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホの月額利用料金よりは安くおさえられるとおもいます。

MVNOは、なぜ安くできるのかは、また、別の事項でお話ししたいとおもいます。

MVNOの提供するか格安SIMは、若干、混雑に弱いというデメリットがあります。

お昼休み時や、夕方などアクセスが集中する時間に弱い場合もあります。

もちろん、MVNO独自のサービスプランや改善対策をしているMVNOをありますので、通信速度が気になるという方は、契約の前に、一度、混雑時の通信速度を調べたほうが失敗がないと思います。

MVNOによっては、対応にあたり、混雑時の情報を公開しているMVNOもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました